色々なエッチが出来るのが渋谷高級デリヘルの魅力だが違法行為には注意!

もし「本番行為をしないコトが約束されている」性風俗店で、風俗嬢から本番を持ちかけられたときに、誰がどんな罪状で罰せられることとなるのでしょう。売春は「違法行為」ということは周知のことですが、具体的に「誰がどのような形で罪を償っているのか」ということは、はっきりと答えられる人はあまりいません。風俗店が店絡みで行っていっときには「管理売春」となり、摘発されています。

18歳未満の児童を買春すれば、児童買春・児童ポルノ禁止法」によって罰せられます。これはかなり重い刑が科せられています。しかし単純売春とは明らかに違います。「児童」に対して行ったということに、重きが置かれています。風俗嬢から本番行為を持ちかけられたときには、もちろんその店舗が関与していたのではないのかと疑われることとなります。要するに「周旋したのではないか」ということです。

しかし調べてもそうでなかった場合には、当事者二人の問題となります。特定の個人間でそのような話が持ちかけられたとしても、売春には当たりません。公衆の面前で売春する相手を募っているわけでもありませんし、つきまとったわけでもありません。客待ちもしていませんよね。となれば売春防止法の「勧誘」には当たらないわけです。厳密に言えば「売春防止法」が定める「目的」には当たり「違法行為」には間違いないのですが、これを処罰する愚痴的な規定そのものが存在していないのです。

よって「違法行為であっても処罰されない」という、少々捻れた現象が起こります。また「目的」は条文と解釈するのは一般的ではありません。

広告:渋谷高級デリヘル http://sakuratokyo.biz/

とは言え「解釈の指針」にはなります。「違法行為であっても、違法行為として立証できない」というのが「売春」なのです。売春を持ちかけた側も、持ちかけられて応じた側も、被害者ではありません。被害者がいないということは、過料することが難しいものなのです。ただし売春の誘いに応じないにもかかわらず、しつこく勧誘されたり、それによって著しく被害を被ったということであれば、条文の第5条「勧誘等」に抵触しないとも限りません。

ただ一度断っているにもかかわらず、なおも誘う風俗嬢もあまりいないでしょう。また「しつこかった」「恐怖を感じた」などということを立証するのも難しいですよね。確固たる証拠があって「恐怖を感じた」ならばまた、売春云々の話ではなくなります。もし「売春を持ちかけられて不愉快だった。なんか仕返しがしたい」などという気持ちがあったとしても、店に「気分が悪かった」と言って、「そうですか。本人に厳重注意いたします」というだけで終わる話です。

なんの得もありません。

Copyright© 2015年10月9日 知っておくべき渋谷の高級デリヘルの安全な遊び方とは
http://chicagoteapatriots.com All Rights Reserved.